天王寺動物園のライオンファミリーの個体紹介 - 天王寺動物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

天王寺動物園のライオンファミリーの個体紹介

2011年2月に大阪市にある、天王寺動物園へ行ったときのレポートです。


天王寺動物園には、オスが1頭、メスが3頭、あわせて4頭のライオンが飼育されています。

こちらの男前な彼の名前はレオくんです。
福岡県の大牟田市動物園出身。1992年生まれのオスです。
ライオン_176

頭のてっぺんのたてがみが イケイケ↑↑ です♪
ライオン_177

こちらはレオくんの妻、ネルさんです。
熊本県の熊本市動植物園出身。1993年生まれのメスです。
ライオン_178

上目遣いがキュートです♪
ライオン_179

こちらはレオくんとネルさんとの間に生まれたチーちゃんです。
ここ天王寺動物園で1996年に生まれたメスです。
ライオン_180

お母さんのネルさんと顔がそっくりです。
どうやって見分けたらいいのかわかりません(;^ω^)
ライオン_181

もっと可愛い顔の写真を使ってあげたいのですが、
逆光のせいでガラスが反射してしまって、なかなかいい写真がなくて・・・
ライオン_182

ペロン。
ライオン_183

あ、これ、なかなか可愛い写真ですね♪
ライオン_184

このレオくん一家の他にもう1頭、カスピさんという方がいらっしゃいます。
和歌山県のアドベンチャーワールド出身。1993年生まれのメスです。
このカスピさんは、レオくん一家とは血縁関係がありません。
そして、レオくん一家とは相性があまり良くない為に、現在は分けて展示されているそうです。

↓写真中央、檻の向こうに顔が見えるのがカスピさんです。
ライオン_185

↓限界まで拡大。わかりにくくてスミマセン!
ライオン_186

天王寺動物園では現在、レオ・ネル・チーの3頭の組み合わせと、レオ・カスピの2頭の組み合わせで日をかえて屋外に展示しているそうです。
ですので、屋外にメスが2頭出ている日は、そのこたちはネルさんとチーちゃん、
屋外にメスが1頭しか出ていない日は、そのこはカスピさんということになります。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のカテゴリ 動物園レポート 天王寺動物園
この記事のタグ ライオン 天王寺動物園

0 Comments

Leave a comment