一番黒くて強い子は誰だ!?背中が黒いブラックバック - 姫路セントラルパーク

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

一番黒くて強い子は誰だ!?背中が黒いブラックバック

2016年10月に兵庫県姫路市にある、姫路セントラルパークへ行ったときのレポートです。


前回の記事からの続きです。

ライオンセクション の次は トラセクション です。
姫路セントラルパーク_50

トラはライオンと違って群れを作らないので、
基本的にはみなさんお一人様。
ベンガルトラ_79

この凛とした感じ、たまりません♪
ベンガルトラ_80

猛獣ゾーントラセクション の次は 草食ゾーン へ。

まずはローンアンテロープさんがお迎えしてくれました。
ローンアンテロープ_16

大きな角や目の周りの模様に目が行ってしまって今まで気づかなかったのですが、
けっこう耳が大きいですよね~
ローンアンテロープ_17

右手にはアミメキリンたち。
アミメキリン_90

おやおや??
アミメキリン_91

この子どうしたんだろ~?と思っていたら、
なんか右前足が腫れて動きづらいようです・・・
大丈夫(;´・ω・)?
アミメキリン_92

知らないうちに4頭もキリンさんがいました。
アミメキリン_93

真ん中の一番小さい子は、
2015年4月25日生まれの ♀キキ ちゃん(父♂リンタ、母♀ミミ)のようです。

こちらはシロオリックス。
シロオリックス_13

チャップマンシマウマも発見。
シロオリックス_14

平和~♪
シロオリックス_15

今日はアキシスジカを全然見かけないと思っていたら、
あんなところに!!
アキシスジカ_25

集まって朝礼中のようです(*´艸`*)
アキシスジカ_26

こちらではオスのシタツンガが決闘中!
シタツンガ_33

こちらはシタツンガのメス。
シタツンガ_34

シタツンガの顔はオスの方が好き。
立派な角もあるし、みんなイケメン(笑)

でも、毛の色はメスの方が好き♪
この栗毛色、たまらない♪
シタツンガ_35

毛並みもとっても柔らかそうです♪
シタツンガ_36

こっちにはムフロンたち。
ムフロン_15

わりと幼い子どものような気がしますがどうでしょうか?
ムフロン_16

ヒツジの仲間なだけあって、モコモコです。
背中についてる毛玉、とってあげたい(笑)
ムフロン_17

姫センのパンフレットを見ていたら、
姫センのここ草食Bセクションにはヒマラヤタールもいるそうで・・・
(今まで知らなかった!)

パンフレットの写真を見たら、
私が思っていたヒマラヤタールとは見た目が違って、
そこに載っていた写真はムフロンのメスにけっこう似ていたので、
今まで私、ヒマラヤタールをムフロンと間違って紹介してたりしてないかな~と心配に(;´・ω・)

一応過去のムフロン登場記事すべて見直しましたが、
結局よくわかりませんでした。

↓この子はムフロンの雄であってるんでしょうか?
ムフロン_18

このくらい角が渦巻いてたら、
疑うこともなく確実にムフロンなんですけどね~(;^ω^)
ムフロン_19

あ、ちなみにこのムフロンのオスたちは、
ケンカしてるのではなくて、仲良くお食事中です(笑)
紛らわしい(*´艸`*)

こちらはブラックバックの雄。
ブラックバック_27

角があるのはオス。
オスとメスはわけて飼育されているので、
このセクションにはメスのブラックバックはいません。

ライオンの雄のタテガミとよく似ていて、
強いオスほど背中の毛の色が黒くなるということで、
姫センで一番黒いブラックバックを探してみたのですが、
わりと黒い子がたくさんいてわかりませんでした(;^ω^)
(さっきからそんなのばっかり・・・汗)

この子は黒くない。
ブラックバック_28

後ろを歩いてる子がかなり黒い。
ブラックバック_29

どちらもあんまり黒くない。
ブラックバック_30

おおっと! 急に争い始めました。
ブラックバック_31

ギギギギギギギギ
ブラックバック_32

奥の背中の毛が若干黒い子の方が優位!
ブラックバック_33

岩の上の方に、とっても色が黒くてスタイリッシュな方が♪
ブラックバック_34

上半身ムキムキで足がスラッと長くて神々しい!
じゃあもう彼が1位ということで!(`・ω・´)

あっちの丘の上の方にいるのは・・・
ブラックバック_35

全然黒くないけど、この子もブラックバック!
ブラックバック_36

次の記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment