どんどん増える~楽しい葉挿し♪ - ガーデニング

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

どんどん増える~楽しい葉挿し♪

多肉植物の醍醐味といえば、葉挿しではないでしょうか(´∀`)
もげた葉っぱから根と芽が出て、新たな多肉ちゃんとなるのです。

我が家の葉挿したちが過ごす、多肉幼稚園の様子です。
多肉植物_40

けっこうたくさん増えてきました~♪
6月中はぐんぐん育っていたのですが、
暑くなった今は成長スピードが遅くなって日々の変化はほぼありません。

初期の頃、多肉植物用の土で葉挿ししていたら、
けっこうダメにしてしまいました。

試しに観葉植物用の土で葉挿ししてみたら、
その頃からうまくいくようになりました。
環境によるとは思いますが我が家には観葉植物用の土が合っているようです。
この土のほうが水はけがいいのはなんでだろう・・・
多肉植物用の土は水をあげたら数日乾かない(´・ω・`)
根元にだけですが毎日少しだけ水をあげています。毎日です。

何がなんだかわからなくなるのでマジックで名前を書いています(笑)
間違ってるかもしれないけどたぶんオーロラだと思うから 「オ」 。
もしも虹の玉だったらごめんよ、君たち・・・( ̄д ̄;)
多肉植物_30

これは大好きなデビー♪
根っこはすぐにもじゃもじゃ出てきたのに、芽は待てど待てどなかなかでてこなくって
ず~っとヒヤヒヤしていましたが、最近は順調♪
多肉植物_31

一番上の葉っぱが10枚くらいあるデビーさんは、
この親株の足元に出てきてた子株を切り離したもの。
(たぶん当時小さすぎて写真には写っていない)(2015/06/04 コーナンで購入)
多肉植物_7

切り離してすぐの頃の写真。↓これの左側。(2015/06/21)
多肉植物_36

よくもまあこんな小さい状態で切り離したもんだと・・
素人とは怖いものよ。
今も元気に育っているからまぁ良かったものの、
今度からこういう時はもうちょっと子株が親の足元で大きくなるまで待とうと思います(反省)

ちなみに切り離した大きいほうの右の子株はというと、
ここで元気にすごしております♪(右下の紫色がデビー)
多肉植物_37

同じ鉢、デビーの上の緑牡丹(2015/06/11 コーナンで購入)
多肉植物_39

デビーの左隣の花うらら(2015/06/11 コーナンで購入)
多肉植物_38

それぞれ購入時よりもほんのり優しく色づいていて、
けっして形は良くないんだけど
それでもこの赤いブリキ缶はけっこうお気に入り♪

葉挿しの多肉幼稚園へ戻ります。

上の段の 「エメ」 はエメラルドリップ。
下の段はビアポップ。
多肉植物_32

ビアポップは6月中はものすごい速さで根と芽がでて、
葉挿し成功率100%でおもしろいくらいに成長してたのに、
7月に入って暑くなったらやっぱりそこで動きが遅くなってしまいました。

「お」 は朧月。「白」 は白牡丹。「乙」 は乙女心。
多肉植物_33

右端の大きいのは、乙女心の脇芽をカットして挿し木したもの。
乙女心は葉挿しができないと言われていますが、
我が家では10分の3の確立で成功中。

なんとなく理由がわかったような気がするのですが(あくまで推測)、
乙女心の成長点は葉っぱ側ではなく茎側にあって、
葉がもげたときに茎の一部もいっしょにもげたようなものが
成功しているような気がします。

朧月はその大きな葉が触れただけでポロンと取れたときはショックだったのですが、
2日後くらいには大きな芽が出てきて、
すごい勢いで成長していきました(笑)
これは丈夫だわ。。。

ブロンズ姫も葉挿し成功率100%♪
多肉植物_34

葉っぱがポロポロポロポロよく取れるから、
こんなに増えてしまった姫秋麗の葉挿し(笑)
多肉植物_35

姫秋麗も6月中は葉挿し成功率100%だったけど、
7月に入っても芽が出ていなかったものはジュレって消えていきました。

姫秋麗は紅葉したら淡いピンク色になってとっても可愛いから
いっぱい増やしたい!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多肉植物 抜き苗セット 20種類 ネコポス 送料無料
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

期間限定!多肉植物 ポット苗  10ポットセット
価格:2000円(税込、送料別) (2017/5/4時点)



関連記事
スポンサーサイト
この記事のカテゴリ その他のジャンルの日記 ガーデニング
この記事のタグ ガーデニング 多肉植物

0 Comments

Leave a comment