ライオン親子♪ - 東山動植物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

ライオン親子♪

2012年11月に愛知県名古屋市にある、東山動植物園へ行ったときのレポートです。


前回の記事からの続きです。

ひきつづき、東山動植物園のライオン親子です。
赤ちゃんの、「お母さん山」 登山♪

んしょ♪ んしょ♪
ライオン_749

えほっ♪
ライオン_750

ごろ~ん♪
ライオン_751

赤ちゃんを可愛がるお母さんライオン、ルナ。
ライオン_752

ライオン_753

あ!お母さん どこ行くのー!? 置いてかないで(´Д`;)
ライオン_754

ルナさんは小顔で綺麗なメスライオンさんです♪
ライオン_755

まるで雪のように白く透き通ってお美しい(*´∀`*)
ライオン_756

丸太越しにカメラ目線(笑)
ライオン_757

キャッ♪キャッ♪
ライオン_758

相手の後ろ足に前足をひっかけて遊ぶ赤ちゃんたち♪
がおーーーーぉ( ゚д゚ )
ライオン_759

次の記事に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ゆきこ。  

ズーラシアの、ラージャくんは

たまごさん、ライオン好きなものにとっては、
本当に、楽しいブログですね。感謝しています。
ライオン親子、なんて、かわいいんでしょ。
この、お母さんは、とても、美人ですね。
ズーラシアでも、ウーマ母さんか、ヨハンとうさんとの、
間に、設けた最後の子供が、今、5歳のラージャ君ですが、双子で生まれて、弟?は、すぐ、死んで姉妹、ラージャ君は、お母さんの乳の、出が悪く、弱ってきたので、飼育員さんが、人工保育で育てたのですが、
一緒に遊ぶ兄弟がいない成果{5頭のお姉さん入るけれど、年齢が離れているので、一緒にいない}甘えん坊の性格だそうです。
鬣もふさふさとした、立派なオスライオンなのに、何で展示場に出さないのかと、疑問に思っていたら、ズーラシアから送られてきた
新聞によると、一歳のとき、堀に落ちてから、怖くて、展示場に出られなくなったそうで、堀に、転落防止の網を張り、寝室から、展示場にだす訓練をしている写真が出ていますが、
顔だけ出して、立ちすくんでいるラージャ君が、たまらなくかわいいです。
展示場に出られないと、お姉さんたちと、一緒にいられないし、いずれ、繁殖させるとしても、無理でしょうから。
なお、ズーラシアからの新聞というのは、私は、アニマルペアレントという、一年に一回5000円、好きな動物のえさ代を寄付する
野に、入っているので、一年に4回、新聞を送ってくるんです。
動物の写真入でとても、楽しみにしています。
長く書いてすみません。

2013/08/19 (Mon) 19:48 | EDIT | REPLY |   

たまご  

>ゆきこ。さん いらっしゃいませ♪

ルナさん美人ですよね♪
こんなに女性らしいラインのメスライオンもめずらしいな~と思いました(*´∀`*)

ラージャ君のお話、ありがとうございます(´∀`)
人工保育で育ったライオンさんって、だいたい甘えん坊が多いようですね。
小さい頃に堀に落ちたことがトラウマになっているんですね(;´Д`)
可愛そうに・・・怖かったんでしょうね
徐々にでも慣れて、広い展示場で過ごせるようになるといいですね。

アニマルペアレント、自分の好きな動物のサポーターになれるとは
おもしろい制度ですね!
年に4回も新聞送っていただけるならなんだかお安いですね♪

2013/08/19 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment