「ふれあいステーション」 でウサギやモルモットやおサルさんとふれあい - しろとり動物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

「ふれあいステーション」 でウサギやモルモットやおサルさんとふれあい

2011年12月に香川県にある、しろとり動物園へ行ったときのレポートです。


前回の記事からの続きです。

園内に入る前の駐車場でもたくさん楽しんだのですが、
そろそろ園内に入ることにしました。

入場口 (チケット売り場) の前に置いてあった 「お知らせボード」。
しろとり動物園_7

ボードには今日のイベントが書いてありました。

 11:00~ アニマル学習発表会
 12:00~ 仔トラ(11ヶ月) ふれあいフォトタイム
 12:30~ 仔トラ (4ヶ月) おさんぽタイム
 13:00~ アニマル学習発表会
 14:00~ おさる学習発表会
 14:30~ 仔トラ(11ヶ月) ふれあいフォトタイム
 15:00~ 仔トラ (4ヶ月) おさんぽタイム

え!? ふれあいフォト!? おさんぽ!? +(0゚・∀・) +
やったー!! どうやら仔トラとふれあえるイベントがあるみたいです♪
楽しみ~(*´∀`*)♪

そしてようやく、入場口でお金を払ってチケットをもらって、園内へ。

園内マップのかかれたパンフレットのようなものは無かったので、
園内で見かけた看板の写真を撮っておきました♪
しろとり動物園_8
※画像クリックでさらに大きく表示されます

まずはじめにいたのは、白いオウムでした。
 ↓前方からの強風に耐えてます。
オウム_1

こちらはシカ? 犬のように普通に繋がれています(笑)
シカ_1

こちらはニホンザル。
私たちを見るなり、走り回ったり木にぶら下がったりして大興奮でした。
きっと威嚇しているんだと思います。
ニホンザル_1

こちらはタヌキ。
タヌキ_1

エサを欲しがっているようです。 そんな瞳で見ないで。
タヌキ_2

こちらはアビシニアンという種類のネコ。
ネコなのに触ろうとしても逃げませんでした。
ネコ_1

こちらはモルモット。
モルモット_1

写真では音声が伝わらなくて残念なのですが、
キューキューキューキュー 超音波のような声で鳴いてて (イルカみたいな感じ)
いい意味でうるさい(笑)

か、可愛い!! こちらも触っていいみたいなのですが
モルモット_2

「ミンナ ニッゲロッ~」  と、隠れてしまいます(;^ω^)
モルモット_3

残念ながら触れ合えませんでした(笑)
モルモット_4

そしてその近くに 「ふれあいステーション」 という名の木造の小屋がありました。
気になるし、暖を取るという意味でも中に入ることにしました。
中に入るとそこまで暖かくなかったのですが、時に砂埃も伴う強風がしのげるだけでも十分ありがたかったです。

ふれあいステーション」 内には小動物がいっぱいいました。
床にどーーーんと設置してる大きなゲージから顔を出しているのは誰?
ウサギ_1

ふたを開けると中には、可愛いウサギやモルモットがたくさん♪
ウサギ_3

室内にあった張り紙によると、
この中 (もしくはこの部屋の中) に ライオンラビット (ライオンウサギ) というウサギがいるんだとか!!

ライオン!! (≧∀≦) ←という言葉に弱い

ウサギに全く詳しくないので、ライオンラビット調べてみました。
「ライオンヘッドラビット」 とも呼ばれていて、短めの耳と顔のまわりにあるライオンのたてがみのような長い飾り毛が特徴的なウサギ。小型のドワーフ種から改良されたもので、ドイツが原産。体の大きさや毛並みなどの個体差が大きい為、たてがみの長さやボリュームに個性がみられる。
そして私が知らなかっただけでけっこうメジャーなウサギさんのようです。

ウサギ_2

ふれあいステーション」 内には他にもいろんな種類のウサギがいたのですが、
結局どれがライオンラビットさんなのかわかりませんでした。

こちらの大きい子はフレミッシュジャイアントさんだったかな?
きれいなミルクティー色ですね(´∀`)
ウサギ_4

そしてこの部屋の中で一番人気だったのがこちらの子猿さん。
サル_1

なんという種類のおサルさんなのかわからないのですが、
小型のサルというわけではなく明らかに幼い子どもな感じ。

まだまだ甘えん坊で、前方から両腕をつかまれたのですが(たぶん抱っこして欲しい)、なかなか離してくれませんでした。人間の赤ちゃんみたい。
サル_2

次の記事に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment